ウォーターサーバーの活用法

ウォーターサーバーは様々なシーンで活用できます。その活用法は使用するシチュエーションによって変化しますがここでは一般的な活用方法をご紹介します。
まず、企業で導入している場合は来客対応がスムーズになります。来客があってからお湯をわかすのではお待たせしてしまいます。待たせているほうにとってはたかが2、3分でも待っているほうは30秒でも長く感じてしまうものです。ワンタッチでお湯のでるウォーターサーバーならお待たせせずにお茶もお出しできます。
社員の休憩時間や仕事中に入れるお茶やコーヒーもすぐにできるので効率が上がります。給湯室でお湯がわく数分間ボォっとしてリフレッシュしていた人にとっては大きなデメリットともいえそうです。
家庭では、お茶が入れる、水分補給などの活用方法から炊飯や煮物や汁物に使うこともできます。ポット型の浄水器では水を溜めていなかったときは溜まるまで待たなければなりませんし一度に大量の水が作れません。ウォーターサーバーならカレーのような水を多く使う料理でも途中で水を継ぎ足して待つという時間がありません。
赤ちゃんのミルクへの活用もよく言われていますが、これは熱湯だけでなく冷水も出る点がポイントとなっています。水道水だとどうしても一度沸かしたお湯で作ったミルクが冷めるのを待たなければなりませんがウォーターサーバーならお湯と水を混ぜて作ることができるのですぐにミルクが出来上がります。
生まれて間もないときにはしょっちゅうミルクを作らなければなりませんし、夜中の授乳はつらいものです。その負担がウォーターサーバーで少し減らせるというのはかなり魅力的ですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 申し込みから設置まで

    いざウォーターサーバーを導入すると決まったら申し込みをして設置をお願いすることになります。その流れは各社それぞれですが、一般的な申し込みから設置までの流れをご紹介するので参考にしてみてください。 ウ... 申し込みから設置までの続きを読む>

  • 会社を選ぶ

    ウォーターサーバーを選ぶには数多くあるウォーターサーバーを扱う会社の中からどこかを選択しなければなりません。口コミを見てもいいですし、利用目的から選ぶのも、金額から選ぶこともできます。ウォーターサー... 会社を選ぶの続きを読む>

  • 利用目的を考える

    ウォーターサーバーを家や企業に導入する際にはまず利用目的を考える必要があります。といっても小難しいことではなく、「美味しい水が飲みたい」「お湯が瞬時に出てくれば時間短縮ができる」「便利」などなんでも... 利用目的を考えるの続きを読む>