気になる電気代と1ヶ月の水量

ウォーターサーバーを初めて導入するときに気になるのが電気代と1ヶ月にどのくらい水を買うことになるのか、という費用面です。実際にやってみなければなかなかわかりづらい部分ですが事前に把握したいところでもあります。各ウォーターサーバー会社の製品にもよって変化しますが家庭での平均的な価格や水の量をご紹介しますので参考にしてみてください。
電気代はざっと1ヶ月に1,000円アップと考えているとよいようです。季節によって使い方が変動するのでそれによっても前後しますが基本的に10,000円もアップするというようなことはないようです。
冷水よりも温水のほうが電気が必要なので冬場のお湯をたくさん使う時期にはちょっと上がることも考えられますが、電気ポットを使用した場合とさほど変わらず電気ポットよりも早くお湯が出てくるのでこちらのほうが便利でお得かもしれません。
電気代を節約したいときにはコンセントを抜く方法は取れない場合が多いので設定温度を変えることができればそこで節約するしかありません。冷水の温度設定を高くしたり温水をぬるくしておくことで使用電力を下げることができます。
必要な水の量は大体2人暮らしで1ヶ月約25リットル、4人家族で約50リットル、6人家族なら約75リットルとされています。ボトルの量がそれぞれ違うので何本と言えませんが24リットル入りなら2人暮らしなら1ヶ月1本、4人で2本~3本目に入るか入らないか、といったところです。
これを元に気になるウォーターサーバー会社の水量と価格を比べてみると実際にどのくらいかかりそうかが判断できるかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 申し込みから設置まで

    いざウォーターサーバーを導入すると決まったら申し込みをして設置をお願いすることになります。その流れは各社それぞれですが、一般的な申し込みから設置までの流れをご紹介するので参考にしてみてください。 ウ... 申し込みから設置までの続きを読む>

  • 会社を選ぶ

    ウォーターサーバーを選ぶには数多くあるウォーターサーバーを扱う会社の中からどこかを選択しなければなりません。口コミを見てもいいですし、利用目的から選ぶのも、金額から選ぶこともできます。ウォーターサー... 会社を選ぶの続きを読む>

  • 利用目的を考える

    ウォーターサーバーを家や企業に導入する際にはまず利用目的を考える必要があります。といっても小難しいことではなく、「美味しい水が飲みたい」「お湯が瞬時に出てくれば時間短縮ができる」「便利」などなんでも... 利用目的を考えるの続きを読む>