メンテナンス方法

ウォーターサーバーのメンテナンスは自分で行うお手入れと業者の行う年に1度か2年に1度のメンテナンスとがあり、メンテナンス料が無料の場合も有料の場合もあります。おい手入れはどんなウォーターサーバーでも必要ですが定期的な業者のメンテナンスがいらないものもあるのでメンテナンス方法もよく調べておきましょう。
まず自分で行うお手入れですが、ボトルを装着する部分や蛇口の中などの掃除が必要です。ボトル装着部分はボトルを変える際にアルコール除菌のスプレーなどをかけきれいな布でふき取ります。これでカビの繁殖や埃が積もるのを防げます。
蛇口の中は綿棒などにアルコールを染みこませて掃除するとよいでしょう。ウォーターサーバー会社の中にはお手入れセットを販売しているところもあります。そうしたセットを購入してしっかりとお手入れするのも永く清潔に使用するコツです。
業者によるメンテナンスは、ウォーターサーバーがワンウェイ方式と呼ばれる仕組みになっていれば必要ないとされています。空気が中に入らないので雑菌等が中のパイプに入り込むことがないから、というのがメンテナンス不要の理由のようです。
反対にボトルをリサイクルしているような方式のサーバーは中に空気が入るため定期的なメンテナンスが必要です。掃除などではなく1年や2年に一度サーバー自体を無料で交換してくれるところもあるのでメンテナンス方法のチェックはウォーターサーバーの導入の際に必ずしておきたいところですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 解約のときは

    無料期間だけ利用してみてやはりいらないと感じたり、子どもが大きくなり必要がなくなった、節約のためにやめたいなど解約理由は様々です。始めたとき同様にすんなり早く解約するために解約のときのポイントと流れ... 解約のときはの続きを読む>

  • メンテナンス方法

    ウォーターサーバーのメンテナンスは自分で行うお手入れと業者の行う年に1度か2年に1度のメンテナンスとがあり、メンテナンス料が無料の場合も有料の場合もあります。おい手入れはどんなウォーターサーバーでも... メンテナンス方法の続きを読む>

  • 使用時のチェックポイント

    ウォーターサーバーを導入したあとは使用時のチェックで継続利用するかを検討しましょう。特にレンタル料が無料となる期間を利用している場合などはこのチェック如何でその後の利用や別の会社へ変更することなどを... 使用時のチェックポイントの続きを読む>