目的別水の選び方

様々な種類のある水を選ぶときには、どんな使い方をするかで選択します。例えば、コーヒーを淹れるときやスープを作るとき、ゴクゴク飲みたいときなど用途は様々ですがどんなシーンでどのお水の利用がよいのでしょうか。
硬水か軟水か、ミネラル成分はどうか、などからどのお水を使えばよいのかの答えはその料理や飲み物がどこで生まれたものかを考えることでわかる場合が多いのです。昔ながらの郷土料理などを思い浮かべるとその土地で取れる水に合った料理が作られていることがわかります。
日本の飲み物といえば緑茶です。この緑茶に合うとされているのは軟水です。これは日本で取水できる水が軟水であることからもわかります。ですので緑茶は水道水で淹れてもおいしく淹れることができます。気になる場合には浄水器などを通しても軟水であることは変わらないので問題ありません。
これと反対なのが紅茶です。硬水が取れる欧州で発祥したものですが紅茶を軟水で淹れると香りが薄くなってしまいます。硬水で淹れると香りが増しおいしくなるのです。これは料理にも共通しており、日本料理は軟水で作るとよりおいしくなり、硬水の取れる地域では硬水で作るのがベターとされています。
コーヒーは軟水がベターです。コーヒー豆を挽いた粉との相性がよいのが軟水のためです。また、喉が渇いてゴクゴク飲みたいときも軟水がオススメですが喉ごしのよいものが飲みたいときには硬水がいいでしょう。
水の硬さなんて対して変わらないと思われるかもしれませんが硬水の水と軟水の水を同時に飲み比べるとその違いが歴然とするので一度試してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 申し込みから設置まで

    いざウォーターサーバーを導入すると決まったら申し込みをして設置をお願いすることになります。その流れは各社それぞれですが、一般的な申し込みから設置までの流れをご紹介するので参考にしてみてください。 ウ... 申し込みから設置までの続きを読む>

  • 会社を選ぶ

    ウォーターサーバーを選ぶには数多くあるウォーターサーバーを扱う会社の中からどこかを選択しなければなりません。口コミを見てもいいですし、利用目的から選ぶのも、金額から選ぶこともできます。ウォーターサー... 会社を選ぶの続きを読む>

  • 利用目的を考える

    ウォーターサーバーを家や企業に導入する際にはまず利用目的を考える必要があります。といっても小難しいことではなく、「美味しい水が飲みたい」「お湯が瞬時に出てくれば時間短縮ができる」「便利」などなんでも... 利用目的を考えるの続きを読む>