水と便秘の関係

便秘のときには積極的に水を飲みましょう、というのはよく聞きますが、水で押し流すためと思っていませんか。実は便秘になる原因の一つに水分不足があるために水を飲むことを勧められているのです。ではなぜ水分不足が便秘を引き起こすのでしょうか。
便は体内の老廃物の塊です。体内へ取り込んだ食べ物などが様々な成分へ分解されて残ったカスが溜まったものが腸の活動により体外へ排出されます。このとき、便を作る成分の一つが水なのです。
便に含まれている水の量によって健康状態がチェックできます。水分過多な状態の便や身体に異常があるときは水のような下痢が出ます。また反対に便に水分が足りていない=身体が水分不足のときにはコロコロとしたぶつ切りのうさぎの糞のような便がでます。よい便として表現されることの多いバナナの形の便というのは水分量もちょうどよいのです。
水分が少なくある程度の塊にならない便というのは腸の中で動くことができません。水分のないかさかさの便は腸がどんなに頑張ってもなかなか前には進まないのです。そのうちに腸は諦めてあまり活動しなくなり慢性的な便秘へとつながります。
便へ水分がいかないということは身体全体でも水分が少ない状態なので肌がかさかさしたり水分不足が原因の肌荒れを引き起こします。このようなときには便のためだけでなく水分が必要なので想像よりも大目の水を飲むことをオススメします。
水さえ飲んでいれば便秘にはならないというわけではありませんが、水を飲むことで解消される可能性も高いので便秘に悩んでいる人は一度水を飲むことを数日意識して過ごしてみるとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 申し込みから設置まで

    いざウォーターサーバーを導入すると決まったら申し込みをして設置をお願いすることになります。その流れは各社それぞれですが、一般的な申し込みから設置までの流れをご紹介するので参考にしてみてください。 ウ... 申し込みから設置までの続きを読む>

  • 会社を選ぶ

    ウォーターサーバーを選ぶには数多くあるウォーターサーバーを扱う会社の中からどこかを選択しなければなりません。口コミを見てもいいですし、利用目的から選ぶのも、金額から選ぶこともできます。ウォーターサー... 会社を選ぶの続きを読む>

  • 利用目的を考える

    ウォーターサーバーを家や企業に導入する際にはまず利用目的を考える必要があります。といっても小難しいことではなく、「美味しい水が飲みたい」「お湯が瞬時に出てくれば時間短縮ができる」「便利」などなんでも... 利用目的を考えるの続きを読む>