ウォーターサーバーのメリット・デメリット

いつでも美味しい水がすぐ飲めお湯をわかす時間が短縮されるウォーターサーバーはメリットだらけのようにも感じますがデメリットもあります。ここではウォーターサーバーのメリットとデメリットについて解説していきます。
まずメリットは先にも挙げたすぐに冷水でもお湯でも出せるという点が一番大きい点です。蛇口一体型の浄水器やポット型の浄水器など今は様々な水を美味しくするものが販売されていますが、それらは数ヶ月に1個、頻繁に使用する家庭や企業なら1ヶ月ごとにカートリッジを交換しなければならず手間とお金がかかってしまいます。
また、幼い子どもがいる家庭だと、それまでジュースしか飲まなかった子どもが自分でコップへ注げる楽しさから水をよく飲むようになったという声も聞かれます。これまでペットボトルで水を購入していた人は一々蓋を開けたり出し入れする手間がなくなるというメリットもあります。
デメリットとしてはまず、購入もしくはレンタルの代金が発生します。また、水も購入しなければならないのでその分もお金がかかってきます。さらにサーバーは意外と大きいのでその分のスペースを前もってとっておかなかった場合、置き場所に困るということもあります。水の保管場所もなければ1つなくなるごとに注文してきてもらわなければならないので面倒です。
改良されたものも出てきていますが水も重いのでサーバーの上に持ち上げるのが大変だというデメリットもあります。お湯がワンタッチで出てしまうので子どもが誤って押してしまい火傷をするという事故も報告されています。便利でよいものではありますがこうしたデメリットもしっかり押さえておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 申し込みから設置まで

    いざウォーターサーバーを導入すると決まったら申し込みをして設置をお願いすることになります。その流れは各社それぞれですが、一般的な申し込みから設置までの流れをご紹介するので参考にしてみてください。 ウ... 申し込みから設置までの続きを読む>

  • 会社を選ぶ

    ウォーターサーバーを選ぶには数多くあるウォーターサーバーを扱う会社の中からどこかを選択しなければなりません。口コミを見てもいいですし、利用目的から選ぶのも、金額から選ぶこともできます。ウォーターサー... 会社を選ぶの続きを読む>

  • 利用目的を考える

    ウォーターサーバーを家や企業に導入する際にはまず利用目的を考える必要があります。といっても小難しいことではなく、「美味しい水が飲みたい」「お湯が瞬時に出てくれば時間短縮ができる」「便利」などなんでも... 利用目的を考えるの続きを読む>