柴犬も熱中症になるの?

熱中症は人間に限ったことではなく、柴犬もなるため注意が必要になりますよね。

もし、体温(体の温度のことですね)がいきなり上昇して、口を開けて苦紫蘇うに呼吸を行っている場合は熱中症を疑いましょう。

嘔吐、下痢(急性のものはウイルスなどが原因のことがほとんどで時間の経過と共に回復しますが、慢性のものは重要な疾患の症状であることが多く、何らかの治療が必要です)、ふらつき、目の充血と言った症状は発生します。

症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が悪化すると失神や筋肉のふるえ、けいれんなどが起こり、重度の場合だったら血便、吐血、血尿などが現れる場合もあるのです。

最悪、熱中症で命を落とす危険もあるので、早目に気づいて上げる事が大切です。

人間は発汗によっても体温(脇、口、耳などで測ることができます。測る箇所や体温計の方式によって所要時間が変わってくるでしょう)調整が可能ですが、柴犬はそれが出来ないので、熱中症になり易いです。

その為に、高温多湿の場所には長時間いないようにします。

注意したいのが車内での留守番です。

夏の車内は蒸し暑くなりますので、エアコンをつけずに柴犬に留守番させるのはやめてください。

これは車内だけではなく、家庭でも同じです。

蒸し暑い日に留守番をさせる場合は柴犬が快適に過ごせる環境にしてあげましょう。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加



柴犬の餌を選ぶ

柴犬の餌には肉などのたんぱく質を多く含んでいて低カロリーのものを選びます。子犬の柴犬の場合はビタミン類もバランス良く摂取できるように気をつかいます。

関連記事