夫の転勤で住宅を買い替えする

夫の転勤で住宅を買い替えするときには、前の家を先立って手放してから、新居を決めるか、その逆にするのか判断する必要があります。最初に見つける際は、しっかりと新しい住まいを決められるけれど、住宅ローンを組んでから、売るため、売る時間が限られてきます。返済が終わっていない場合は、二重ローンになってしまう危険もあります。先に売却を済ませるなら早く売却しなくてもOKですが、次の住居が決まらない場合は賃貸などで仮住まいするケースも考えなくてはいけません。自分の情態にかんがみて検討してください。 中古の物件の需要と比較して、家のない土地のニーズのほうが上がりつつあります。土地を手に入れて、そこへ0から家を建築したいというような人は増えつつあります。売却する時も建築物をそのままで売りに出すか、建築物を処分して売るのかは判断しにくいです。新築に近い建築物なら、上物があるままで売る方が良い時が大部分になりますが、経過年数が10年以上になる、家を更地にして新たに家を作りたいという人が多くなり、処分する費用の分だけマイナス査定となります。自ら低額の取り壊し業者に依頼して取り壊してから販売することも一つの手です。

夫の転勤で家を売る
夫の転勤が決まったら引越しや転出手続きだけでなく、家を売るなどの大仕事も発生する場合があります。急いで売らずに正しい方法で高く売るようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 夫の転勤で住宅を買い替えする

    夫の転勤で住宅を買い替えするときには、前の家を先立って手放してから、新居を決めるか、その逆にするのか判断する必要があります。最初に見つける際は、しっかりと新しい住まいを決められるけれど、住宅ローンを組... 夫の転勤で住宅を買い替えするの続きを読む>

  • フレール

    フレールは6.2リットルの軽量サイズのパックを使用し、スリムなサーバーと美味しく安全な水を使用していることから人気の出始めたウォーターサーバーです。フレールの使用している大阪千里丘陵山と安威川水系の... フレールの続きを読む>

  • ワンウェイウォーター

    ワンウェイウォーターはその名の通りワンウェイ方式のサーバーで、水を6種類の中から選ぶことができるため人気が高いウォーターサーバーです。重たいボトルを上に持ち上げてセットすることなくボトルを下に設置す... ワンウェイウォーターの続きを読む>